日本古来から伝わる、のぼり

のぼり、といえばお店がキャンペーンを打つ時や、新築物件があるときなどに道にはためいているものを思い描く事が多いと思います。

または、歴史物がお好きならば戦国時代に、陣地ではためく多くののぼり、平氏が背中に背負ったりしているシーンをイメージするかもしれませんね。

実際、この「のぼり(幟)」は、戦国時代にルーツがあると言われています。

私が思うのぼりのイメージは、どちらかと言うと前者のほうに近いのですが、そもそもは、平安時代に武士たちが敵味方を区別するため、または軍の勢いを誇示するために流れ旗を使い始めたのが始まりなのです。

この流れ旗は、一本の竿の先に横棒をつけ、そこから長方形の旗をつり下げるという形状の物で、文字通り風に長い旗を流すものでした。

これが戦国時代になると、より一層の識別のためと、管理がしやすいとの理由により横と縦一方を竿に固定する現在の「のぼり」の形へと進化を遂げたのですね。

現代では、色々な場面でのぼりは使用されるようになりました。

のぼりキングのホームページを見てみると、広告の用途だけではなく、相撲、歌舞伎、演劇などの興行のぼり、漁船に立てる大漁旗のぼり、神社の入り口に掲げてある神社のぼりなど、たくさんの種類があります。

デモの際に掲げている人も見かけますね。

用途によっての色やデザインは様々あれど、のぼりにはどこかに古来の日本の文化を感じてしまうのはやはり長い歴史があるからなのでしょうね。

Copyright (C) www.thyamad.com. All Rights Reserved.

のぼりの歴史と文化を知ろう!