よりよいポケモンGOの遊び方

ポケモンGOは世界的な人気キャラですが、社会問題として取り上げられることも。「相反する多面性とどう向き合うべきか」考えてゆきましょう。

ポケモンGOを活用して運動不足の解消になると、一時は中年オヤジの需要が急増。

しかし数ヶ月で早くも衰退気味に。

ウィン・ウィンの関係は築けないのでしょうか?

■中年オヤジの目論見は早くも総崩れ。

対談者A:「ポケモンGOは自然と歩くので運動になる、コレを使って運動不足解消に」と、一時期オヤジたちがポケモンGOを活用していました。

しかしいまではその姿もめっきり少なくなりましたね?

対談者B:理由は2つあります。

1つはポケモンGOの捕獲がヘタクソ(笑)。

いつまでやっても上達しない。

2つめは飽き性で無精な中年が多いこと(笑)。

そうでなくても歩かないのに、好きでもないヘタクソなゲームを片手に歩けるワケがない。

■運動不足の解消とポケモンGO。

対談者A:どうすれば運動不足の解消になりますか?

対談者B:ポケモンGOに甘えず、一駅歩きでもやって継続させることです(笑)。

活用法としての狙いは悪くなかったと思いますが、運動不足の中年が“ながらスマホ”なんて危険ですよ。

対談者A:ポケモンGOが下火になっているのを中年需要が支える、そんなふうな新しいパワーにはなりませんか?

対談者B:無理です(笑)。

何でもそうですが、拡散する要素には発信者の「情熱」と「驚き」が必要。

ゴルフや麻雀ならともかく、中年にはポケモンGOで盛り上がるだけの情熱も驚きもありません(笑)。

■ポケモンGOで中年オヤジの運動不足を解消して、それがポケモンGOの新たな成長につながるという期待には無理がある?

対談者A:仮に中年が盛り上がっても市場に与えるインパクトは小さいですか?

対談者B:小さすぎます。

それに期待してもポケモンGO市場は成長しません。

やはり正攻法で新ポケモンGOを誕生させる必要があります。

日曜日, 18 6月 2017 on ポケモンGOのユーザー.

Comments are closed.